本文

補装具の給付・修理

更新日:2014年4月1日このページを印刷する

補 装 具 の 給 付 ・ 修 理

補装具とは

 身体障がい者(児)が失われた身体機能を補完又は代償する用具であり、職業その他日常生活の能率の向上を図るとともに、障害児においては、将来、社会人として自立するための素地を育成・助長することを目的として給付されるものです。

おもに義肢・車椅子・座位保持装置・補聴器などがあります。

 

給付・修理の申請

以下の必要なものを揃えていただき、福祉課にて申請を行ってください。
なお、給付・修理には身体障がい者手帳が必要であり、その給付を受けたい装具に係る障害を有している方に限ります。
 また、装具の種類によっては、身体障がい者相談センターの判定を受けていただく場合があります。
 必要なもの
 ・申請書

 ・身体障がい者手帳
 ・印鑑

 

自己負担について

 自己負担は、補装具の購入又は修理に要した費用の原則1割負担となります。また、各装具には基準額が定められており、基準額を超えた分も自己負担になります。

ただし、負担が高くなりすぎないよう月額負担上限額があり、本人世帯の所得の状況に応じて上限額が変わります。

 

申請先・お問い合わせ

福祉課社会福祉係

電話0983-27-8007

このページについてのお問い合わせ

 メールでのお問い合わせ