本文

認知症になっても安心して暮らせるまちづくり

更新日:2018年5月1日このページを印刷する

認知症サポーター養成講座

認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守り、自分のできる範囲で手助けをする「応援者」です。

町では、認知症の人やその家族が住み慣れた地域で生活できるよう、また認知症の早期発見・早期治療のために、一人でも多くの方に認知症について正しく理解してもらうために認知症サポーターを養成しています。

認知症サポーター養成講座を受講した方は「認知症サポーター」となり、サポーターの目印であるオレンジリングをお渡しします。養成講座(60から90分)は、希望者が集まれば、町より講師(「キャラバン・メイト」といいます。)を派遣し、随時開催していきます。

養成講座の開催を希望される方は、開催申込書にて、福祉課介護予防係までお申し込みください。

 

開催申込書 [PDFファイル/82.01キロバイト]

 

 

かわみなみ認知症ケアパス

認知症の状態や、進行に合わせて受けられる町内のサービスなどを分かりやすくまとめたものを「認知症ケアパス」といいます。

認知症を引き起こす疾患や身体状況などにより、必ずしもこのとおりになるわけではありませんが、認知症の経過や段階を把握し、対応しながら、最も適した支援やサービス、必要な医療を受けるようにしましょう。

詳細については、 川南町地域包括支援センター (電話 0983-21-3288)または福祉課介護予防係までお問い合わせください。

 

「かわみなみ認知症ケアパス」Ver.1 [PDFファイル/289.91キロバイト]

 

川南町認知症初期集中支援チーム

認知症になっても、できる限り住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう、平成30年4月 川南町地域包括支援センター (電話 0983-21-3288)に「認知症初期集中支援チーム」を設置しました。

「認知症初期集中支援チーム」は、認知症サポート医や医療系・福祉系の専門職で構成され、認知症の方及び認知症の疑いのある方をチーム員が訪問し、認知症の程度の把握や情報提供などを行い、医療機関と連携しながら必要な支援を行います。

 

認知症初期集中支援チーム [PDFファイル/197.89キロバイト]

 

 

川南町認知症高齢者等見守りあんしんネットワーク事業

認知症などの病気によって道に迷ってしまうなど、行方不明なる可能性のある方を、日頃から地域で見守り、万が一行方不明になった場合に、速やかに早期発見活動に取り組むためのネットワークづくりを展開していきます。

事前登録制度について、詳しく知りたい、申し込みたい場合は、介護予防係までお問い合わせください。

 

認知症高齢者等見守りあんしんネットワーク [PDFファイル/224.40キロバイト]
事前登録届出書・写真台帳(PDF版) [PDFファイル/136.78キロバイト]
事前登録届出書・写真台帳(Word版) [Wordファイル/21.65キロバイト]

お申込み・お問い合わせ

福祉課介護予防係(本庁舎1階5番窓口)

〒889-1301  川南町大字川南13680番地1

電話:0983-27-8008

ファックス:0983-27-1767

このページについてのお問い合わせ

[ 介護予防係 ]
〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南13680-1  Tel:0983-27-8008 Fax:0983-27-5879 メールでのお問い合わせ