本文

人権啓発活動

更新日:2016年8月12日このページを印刷する

人権とは

人権とは、「人間が人間らしく生きる」つまり「私たちが幸せに生きる」ための権利です。

私たちが幸せに生きるためには、衣食住が足りていること、健康であること、意見を自由に発表できること、平等に扱われることなどが必要です。日本国憲法には、これらのことが、国民の基本的人権として保障されています。つまり、人権は、私たちの日常生活の「基本的なルール」なのです。人権尊重の考え方を日常生活に定着させるために、私たちは、人権について正しく学び、正しく理解し、それを日常生活に取り入れていく必要があります。

人権啓発活動

川南町には、4人の人権擁護委員がおり、職員ともども、本町の人権尊重意識の向上を目指して、さまざまな活動を行っています。

 

人権人形劇 

人権人形劇の様子 人権人形劇の様子

いきいきふれあいリレー啓発展

いきいきふれあいリレー啓発展の様子 いきいきふれあいリレー啓発展を見ている様子

咲かせよう人権の花運動

人権の花を植えている 人権の花が咲いている

各種イベントでの啓発物配布

夏休みふれあい映画祭の様子 ザ・フェスティバル・イン・トロントロンでの啓発の様子

このような活動を見かけたら、人権を尊重する気持ちを思い出し、日常生活で発揮しましょう。

人権啓発強調月間(8月)

夏休みやお盆など家族や友人、地域の方などとのふれあいの機会が多いことから、宮崎県が定めた月間です。各種啓発事業が集中的に実施されます。

人権週間(12月4日から12月10日)

1948年12月10日に世界人権宣言が採択されたことを記念し、同宣言の趣旨及び重要性を広く国民に訴えかけるとともに、人権尊重思想の普及高揚を図るため国が定めた週間です。

 

このページについてのお問い合わせ

 メールでのお問い合わせ