本文

落下傘部隊記念碑について

更新日:2015年6月1日このページを印刷する

太平洋戦争に突入した昭和16年、南方戦線での奇襲作戦に備えて空挺落下傘部隊が川南の唐瀬原地区に創設された。「空の神兵」と讃えられた将兵の降下猛練習が毎日この唐瀬原で行われ、川南村は一瞬の間に軍都と化したのである。給水塔は当時の名残をとどめている。

(落下傘部隊記念碑)

 
Webimg_749_3_072Rakkasan

このページについてのお問い合わせ

 メールでのお問い合わせ