本文

指定管理者

更新日:2014年9月24日このページを印刷する

指定管理者制度とは?

 指定管理者制度は、平成15年(2003年)9月に地方自治法が改正され、地方自治体の「公の施設※」の管理に関する制度が改正されたことによって創設された制度です。

 指定管理者制度の目的は、多様化する住民ニーズに、より効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間力を活用しつつ住民サービスの向上及び経費削減などを図ることであり、その概要は次のとおりです。

1 それまで、公の施設の管理運営主体は、公共性の確保の観点から、公共団体等に限定されていましたが、指定管理者制度では、民間事業者やNPO法人体など幅広い団体も管理が行えるようになりました。

2 指定管理者制度では、施設の使用許可などの行政処分を指定管理者が行えるようになりました。

3 町と管理主体の関係が、委託による契約から「指定」という行政処分に基づく管理の委任になりました。また、指定を行うためには、あらかじめ議会の議決を経ることになりました。

 

※ 公の施設とは、住民の福祉を増進する目的をもって、その利用に供するための施設で、次の要件を満たすものをいいます。

1 当該地方公共団体の住民の利用に供する施設であること。

2 住民の福祉を増進する目的をもって設置される施設であること。

3 地方公共団体が設置する施設であること。

 

本町における指定管理者制度

本町では、平成26年4月から川南町文化ホール・図書館の複合施設について指定管理者制度を導入しました。

 

川南町文化ホール・図書館複合施設 指定管理者の決定について

川南町文化ホール・図書館の指定管理者が次のとおり決定しました。

【指定管理事業者】

住   所:東京都文京区大塚3丁目1番1号

団体名:株式会社 図書館流通センター

業   種:図書館総合支援企業(書籍及び雑誌の販売、書籍の情報収集及び検索・受発注等、図書館の管理運営)

 

本町では文化のない町に未来はないと確信しています。文化の力で、町民の心を豊かにし、ゆとりを与え、一人ひとりを元気にすることによって元気なまちづくりを目指しています。

「文化活動拠点としての文化ホール」

「親しまれ期待される図書館」

民間の活力を期待して、このれまで以上のサービス向上を目指い、文化振興、文化意識の向上を目指しています。

 

 選定までの経緯について

選定までの経緯等については、次のとおりです。

  選定の経過 [PDFファイル/5.03キロバイト]
  別紙1 [PDFファイル/4.27キロバイト]
  別紙2 [PDFファイル/4.32キロバイト]

このページについてのお問い合わせ

[ 文化スポーツ係 ]
〒889-1302 宮崎県児湯郡川南町大字平田2386-3  Tel:0983-27-8020 Fax:0983-27-1028 メールでのお問い合わせ