本文

防犯情報 (平成29年5月)

更新日:2017年5月1日このページを印刷する

窃盗犯認知件数

平成29年3月中に町内で非侵入盗2件(前月1件)の窃盗犯罪が発生しました(万引き1、非侵入盗その他1)。

また、郡内(本町を含む。)では、13件(前月8件)の窃盗犯罪が発生しました。内訳は、侵入盗が1件、自転車盗難2件、車上狙い1件、万引き3件、非侵入盗その他6件です。

 

鍵かけを徹底してください

現在、高鍋警察署管内において、自転車の盗難被害が増加しています。

被害に遭った方は、主に中学生や高校生で、今後新入学生の自転車に対する被害も危惧されます。

家庭内での鍵かけの声掛けをお願いします。

また、鍵のかかっていない車から金品や貴重品が盗まれる事件も高鍋警察署管内で発生しています。

自転車だけでなく車、そして家の施錠も徹底してください。

 

特殊詐欺発生!

宮崎市内で特殊詐欺が2件発生しました。

被害額は合計1370万円で、2件とも 一人暮らしの女性が被害に遭いました 。

手口は、警察官を名乗る者が、「通帳が偽造されています。法律で保護さ れているお金を預けてください。」と 言ってきたり、「詐欺の犯人を捕まえたら、被害者としてあなたの名前もあり、資産を守る必要がある。」と言っ てくる電話があり、その後自宅を訪ねてきた男が現金を直接受け取るというものです。

また、都城市でも70代の女性が1000万円をだまし取られる特殊詐欺が発生しています。

今後の被害発生を防止するためにも 、面識のない者からの電話や訪問の際 お金の話が出たら、家族や知人、そして高鍋警察署(電話0983-22-0110)まで御相談ください。

 

【問合せ先】 まちづくり課 Tel 0983-27-8002 

このページについてのお問い合わせ

[ 防犯 ]