本文

個人住民税(町県民税)の概要について

更新日:2017年9月1日このページを印刷する

個人住民税とは

  一般に、町民税(町に収める税)と県民税(県に収める税)を併せて「個人住民税」と呼んでいます。

  個人住民税の税額は、主に次の2つで構成されています。

 

1.均等割額    一定以上の所得のある方に同額で均等に課されるもの

2.所得割額    個人の所得に応じて課されるもの

 

  また、個人住民税は、以下の法令等に基づき課税されます。

 

納税義務者

  各年の1月1日現在で、川南町に居住する個人に課税されます。

  住民票が他市町村にあっても、1月1日現在で川南町内に居住されていた場合は、川南町から課税されます。

 

住民税が課税されない方

均等割も所得割も課税されない方

1.生活保護法によって生活扶助を受けている方

2.障がい者、未成年者、寡婦又は寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下であった方

3.合計所得金額が(控除対象配偶者+扶養親族+1)×28万円+16万8千円以下の方 (ただし、扶養親族等がない場合は、合計所得金額が28万円以下の方)

(注意)

  扶養控除の適用がない年少扶養親族(その年の1月1日現在で満16歳未満の扶養親族)においても、上記扶養親族数には含まれます。

  また、年末調整及び確定申告等をされる際には、所得税額等に関係なく、扶養されている扶養親族を申告していただかないと本来均等割がかからない方でも均等割がかかる場合がありますのでご注意ください。

所得割が課税されない方(均等割は課税される)

  合計所得金額が(控除対象配偶者+扶養親族+1)×35万円+32万円以下の方 (ただし、扶養親族等がない場合は、合計所得金額が35万円以下の方)

 

税率

均等割の税率

  個人住民税の均等割は、町民税分と県民税分の合計額、5,500円が課税されます。

1.町民税分    標準税率(3,000円) + 特例に関する法律分(500円) = 3,500円

2.県民税分    標準税率(1,000円) + 森林環境税(500円) + 特例に関する法律分(500円) =  2,000円

  このうち、期間が限定されているもの

  (1) 県民税分のうち「森林環境税」は、森林環境の保全を目的として、平成32年度まで

  (2) 「特例に関する法律分」は、地域の防災対策を目的として、平成35年度まで

(根拠法令等)

所得割の税率

  個人住民税の所得割は、{(所得金額 - 所得控除額)× 税率 - 税額控除} で求められます。

  平成19年度以降、所得割の税率は、町民税6%、県民税4%で、合わせて10%となっています。

 

納税の方法

  住民税の納税方法として、2つの方法があります。

1.普通徴収    年4回に分けて自分で直接納付する方法

2.特別徴収    給料や年金から天引きにより納付する方法

このページについてのお問い合わせ

[ 課税係 ]
〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南13680-1  Tel:0983-27-8003 Fax:0983-27-5879 メールでのお問い合わせ