本文

定住促進助成事業について

更新日:2016年4月1日このページを印刷する

 川南町では、ステップに合わせた移住支援を行っています。

 

川南町の風景
定住促進事業ステップ図

まずは、川南町を知って欲しい。

・川南町では、町ホームページ及びフェイスブックページを活用した情報発信を行うほか、年数回、都市部(東京・大阪)において開催される移住相談会に参加し、直接、移住に関する相談を受けています。

川南町の生活をお試ししながら、仕事や住居を探してみませんか。≪お試し滞在補助金≫

・川南町への移住を目的に、町内の宿泊施設に滞在し、仕事又は住居を探す活動をする方に、お試し滞在補助金を交付します。

・町内の民間宿泊施設を御利用の方に1泊当たり4,000円、公共宿泊施設を御利用の方に1泊当たり500円を補助します。

・同一年度内は何度でも利用可能で、上限は同一年度、一世帯当たり40,000円までです。

・交付要綱は

こちら [PDFファイル/41.61キロバイト]

県外から川南へ移住した方への支援≪県外からの移住者支援補助金≫

・宮崎県外から川南町へ移住された方に対し、10万円を補助します。なお、本町での生活に出来るだけ早くなじんでいただくため、10万円のうち、5万円分を川南町商工会の商品券で交付します。

・交付要綱は

こちら [PDFファイル/384.49キロバイト]

川南町で働く方への支援≪民間賃貸住宅居住雇用者等助成≫

・町内の事業所に勤務する被雇用者で、川南町内の民間賃貸住宅に居住される方に対し、家賃相当額の一部(1/2以内、月額上限15,000円)を36月間助成します。

結婚を機に川南町に移住した方への支援≪新婚家庭家賃助成≫

・婚姻の届出から3年以内のご夫婦で、川南町内の民間賃貸住宅に居住した夫婦ともに40歳以下の新婚世帯に対し、家賃と4万円の差額(上限月額5,000円)を36月間助成します。

・郡内及び郡外の事業所にお勤めの正規雇用者を対象に通勤助成を行います。

・詳細は

こちら [PDFファイル/806.11キロバイト]

 

持家を購入・建設された方への支援≪持家取得助成≫

※平成28年4月1日以降に持家の取得に係る契約を行う方については、契約前に事前登録が必要です。

※平成28年4月1日より前に持家の取得に係る契約を行った方については、登記及び引っ越しをする前に事前登録が必要です。

・建物価格の3%(上限30万円)を助成します。

・ご夫婦の合計年齢に応じた若者夫婦加算を行います。

・郡内及び郡外の事業所にお勤めの正規雇用者を対象に通勤助成を行います。

・詳細は

こちら [PDFファイル/730.57キロバイト]

その他

1.子どもが欲しい方を応援します。

(1)特定不妊治療費の助成を行います。

・宮崎県の特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に対する助成に最大15万円を上乗せします。

(2)一般不妊治療費等の助成

・不妊治療の検査や人工授精などの一般不妊治療費の費用を年間10万円まで、最長2年間助成します。

・問合せ先:町民健康課健康推進係保健センター(0983-27-8009)

2.子育て中の方を応援します。

(1)保育料を軽減します。

・現在は国の基準額の7割程度の負担額ですが、5割程度まで引き下げます。

※現在、待機児童はいません。

(2)医療費の助成対象の拡充

・1診療報酬につき、小学校入学前のお子さんは300円/月、18歳以下のお子さんは1,000円/月で、治療を受けることができます。

・問合せ先:福祉課(0983-27-8007)

 

このページについてのお問い合わせ

 メールでのお問い合わせ