本文

人口問題対策調査特別委員会 中間報告書

更新日:2017年12月18日このページを印刷する

問題の解決と価値の創造を求める9つの項目を町長に提言

 本町における少子化及び人口減少等の対策は最重要課題であり、川南町議会としてもこの問題解決等に向けて、総合的な調査・研究を行うため、平成29年3月に人口問題対策調査特別委員会を設置しました。

 本委員会での調査は、現地調査として人口減少対策に早くから積極的に取組み、高い成果を上げている鹿児島県長島町及び志布志市への視察研修を行いました。さらに視察後は、全議員から提出された復命書や視察時の資料を活用し、その詳細な内容等を振り返りながら両自治体の取組みの概要をまとめると同時に、全議員の所感や視察を通じた中での意見及び町当局に対する要望等を整理しました。

 その他、この視察研修以降に開催した講演会やそこで紹介されました全国各地の優良事例も参考にしながら調査検討を重ね、本町での実施を早急に求める9つの提言をこのたびまとめました。

 この中間報告書により、平成29年12月18日に町長に対し、提言を行いました。

人口問題対策調査特別委員会 中間報告書 [PDFファイル/1.06メガバイト]

 

このページについてのお問い合わせ

[ 議会事務局 ]
〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南13680-1  Tel:0983-27-8017 Fax:0983-27-5879 メールでのお問い合わせ