川南湿原開園中です。

【川南湿原開園中です。】

国指定天然記念物川南湿原植物群落の概要

川南湿原は、川南町のほぼ中央部の新橋地区に広がる湿原です。国道10号線から程近く、標高50m前後、面積は約33,000平方メートルで新橋溜池から東に植物群落が広がります。昭和49年に国指定天然記念物に指定されており、植物の種類は78科298分類で、そのうち湿性植物が約110種類、うち約50種類が希少植物です。

川南湿原は、平成元年頃には新橋溜池の水面も見えなくなるほど富栄養化が進み、このままでは滅失の危険性が高かったため保護を目的に平成7年度から平成22年度にかけて整備を行いました。現在、湿原環境の改善も進んでおり、様々な湿原植物の増殖及び復活が確認されています。特に、絶滅とされていた川南湿原の固有種「ヒュウガホシクサ」が約50年ぶりに復活し、関係者の間で話題となっています。その他、植物だけでなくニホンメダカなどの増殖も確認されています。

観察道が整備されてからは、来園する人が静かな環境の中を散策を楽しんでいます。隣接する病院患者もリハビリを兼ねて散策し、人だけでなく野鳥も多く飛来する憩いの場となっています。

 

<川南湿原を代表する植物等>

ヒュウガホシクサ(9月~10月) ハルリンドウ(4月~5月) ミズギク (6月~8月) ナガバノイシモチソウ(7月~9月) サギソウ(9月)

※約30,000平方メートルの面積の中に78科298種の植物が生息し、ナガバノイシモチソウ、ミズギクなどの貴重な植物がある。

 

 

国指定天然記念物川南湿原植物群落
名称 国指定天然記念物川南湿原植物群落
指定 昭和49年6月11日 天然記念物指定
面積 約33,000平方メートル
標高 約50メートル
植物の種類 約300種類(そのうち約100種が湿生植物)
湧水量 毎秒約15リットル

 

開園等について

【開園期間】    (平成29年度) 4月15日(土曜日)から11月30日(木曜日)まで

【開園時間】 

月別開園時間
4月から9月まで 9:00から17:00まで
10月から11月まで 9:00から16:00まで

開園日は、次のリンクをクリックしてください。

注意事項

 

  1. マナーを守り、みんなできれいに利用し、観賞しましょう。
  2. 動物や植物の採取は禁止です。生き物を大切にしましょう(園内での採取は、犯罪行為です。)。
  3. ゴミ箱は設置していませんのでお持ち帰りください。
  4. ペット同伴の入園は、ご遠慮ください(ただし、介助犬は大丈夫です。)。
  5. 他人に迷惑をおよぼす行為はやめましょう。
  6. 園内での飲酒・喫煙は禁止です。
  7. 観察道以外は立入禁止区域になっています。絶対に立入らないでください
  8. 張り紙・立看板を設置することは禁止です。
  9. 園内では、マムシ等の危険な野生生物に十分注意してください。
  10. 係員の指示に従わない場合は、入園をご遠慮いただきます。
  11. 園内での事故等につきましては、当園では一切責任を負いません。
  12. 園路をふさぐような撮影用三脚を置くなど、ほかの人の迷惑になるような行為は、ご遠慮ください。

 


[0] トップページに戻る


[ 川南町役場 ]〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南13680番地1  電話番号:0983-27-8001  ファックス:0983-27-5879
Copyright (C) 2014. Kawaminami Town. All Rights Reserved.
[ 注意 ]
携帯サイトでは画像およびPDF等の外部ファイルは表示していません。