ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 医療・健康・福祉 > 健診・予防接種 > コロナワクチン接種 > 新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について

本文

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について

記事ID:0006666 更新日:2021年12月10日更新 印刷ページ表示

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)を実施します。

新型コロナワクチンを2回接種した場合でも、時間の経過に伴い、感染予防効果や重症化予防効果が徐々に低下していくことから、2回目接種完了後、8か月以上経過した方を対象に追加接種(3回目接種)(以下「追加接種」という。)を実施します。
お知らせできる内容については、随時ホームページに掲載していきます。

 

目次

・接種開始日
・接種の対象
・ワクチンの種類
・費用
・現時点でのスケジュールについて
・接種までの流れ
 -接種券が送付されない方について
 -住所地外接種について
・接種会場
・新型コロナワクチンについての各種相談窓口
・予防接種健康被害救済制度
・川南町コロナワクチン実施計画(追加接種)

接種開始日

令和4年3月1日から

接種の対象

日本で薬事承認されているワクチン(ファイザー社・アストラゼネカ社・武田/モデルナ社製ワクチン)を2回接種された方で、川南町に住民票があり、2回目接種から8か月以上が経過した18歳以上の方

※ワクチンの接種は強制ではありません。
※追加接種では、年齢や基礎疾患の有無による優先接種は行いません。

特に接種をお勧めする方

  • 高齢者、基礎疾患がある方などの「重症化リスクが高い方」
  • 重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス感染リスクが高い方」

ワクチンの種類

ファイザー社製のワクチンまたは武田/モデルナ社製ワクチンを使用します。
ワクチンは1回接種(筋肉内注射)で、1回目・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず接種を受けることができます。

費用

川南町からご自宅(住民票の住所)に送付する接種券で、無料で接種できます。
※ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください。
※川南町が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありません。

現時点でのスケジュールについて

追加接種スケジュール

 
No 対象区分 接種開始 接種完了
1 医療従事者 12月 2月
2 高齢者施設入所者 2月 2月
3 65歳以上 3月 4月
4 18歳~64歳 4月 7月
5 18歳未満 対象外 対象外

接種券発送スケジュール

医療従事者の場合
  • 12月初旬
    接種券等の発送開始・ワクチン接種開始
65歳以上の場合
  • 1月初旬
    追加接種に関する意向調査を実施
  • 2月中旬
    接種希望者へ接種券等の発送開始
  • 3月初旬
    ワクチン接種開始
    ※高齢者施設入所者等については、2月下旬に接種開始予定
18歳から64歳の場合
  • 4月初旬
    2回目接種から8か月が経過した方に対し、順次、接種券等の発送開始
    接種券が届いた方は、予約可能
  • 4月下旬
    ワクチン接種開始

接種までの流れ

65歳以上の場合

  1. お手元に接種会場・接種予定日時などが入った書類(意向調査票)が届く。
    高齢者優先接種期間に接種を2回完了した方の追加接種の接種会場及び接種日時については、2回目接種の接種会場及び接種日時を基にあらかじめ設定しております。
  2. 意向調査票を回答し、返送する。
    ※かかりつけの医療機関がある方は、主治医にワクチンを接種しても差し支えないかを事前にご確認ください。
    ※かかりつけの医療機関で接種を受けられる場合があります。
  3. 接種券が届く。
  4. 接種日当日までに予診票を記入しておく。
  5. 案内された日時に、接種会場へ行き、接種を受ける。

18歳から64歳の場合(65歳以上の方と流れが異なります。)

  1. 2回目接種から8か月経過した方に順次お手元に接種券が届く。
  2. 予約を取る。
    ※かかりつけの医療機関がある方は、主治医にワクチンを接種しても差し支えないかを事前にご確認ください。
    ※かかりつけの医療機関で接種を受けられる場合があります。
  3. 接種日当日までに予診票を記入しておく。
  4. 予約した日時に、接種会場へ行き、接種を受ける。
接種当日に持ってくるもの
  • 接種券付き予診票と接種済証がつながったもの 
    ※用紙は切り離さず、予診表は記入してお持ちください。
  • 本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカード等)
  • お薬手帳(ある方のみ)

接種券が送付されない方について

2回目接種を完了した後に転入された方や外国で接種を受けた方などについては、川南町で接種記録が把握できないため、接種券を送付することができません。
そのような方については、申請により接種券を発行しますので、
新型コロナウイルスワクチン接種特命チームまでお問い合わせください。
ただし、申請の際は、本人確認ができる運転免許証等新型コロナワクチン1回目2回目接種の接種済の写しが必要となります。

住所地外接種について

新型コロナワクチン接種は、原則、住民票所在地の市町村において接種を受けることになっており、追加接種の場合も同様となっています。
ただし、次のようなやむを得ない理由がある方については、住所地外接種届の申請を行うことによって、住民票所在地以外で接種を受けることができます。

やむを得ない理由とは(住所地外接種の申請が必要)

  • 出産のため里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • その他やむを得ない事情があると認めるもの

住所地外接種届の申請が必要な方は、居住する市町村の新型コロナワクチン接種担当部署にお問い合わせください。
申請時には、
住民票所在地の市町村が発行する接種券が必要になります。

接種会場

町外の医療機関で1回目2回目の接種をされた方は、追加接種を受けることができるか医療機関にお問い合わせください。
同じ医療機関で接種ができない場合は、川南町農村環境改善センターでの接種になります。

川南病院

※1回目2回目のワクチン接種を川南病院で受けた方のみが対象

尾鈴クリニック

※1回目2回目のワクチン接種を尾鈴クリニックで受けた方のみが対象

川南町農村環境改善センター

平日接種
1週間おきに週3日程度実施(午後のみ)

休日接種
月1回程度実施(午後のみ)

新型コロナワクチンについての各種相談窓口

※相談は、コロナワクチン接種に関することに限ります。その他の相談には対応できませんので、ご了承ください。

川南町コロナワクチン相談窓口

川南町の新型コロナワクチン接種に関するお問合せ
(接種会場・接種時期・接種券・接種に関する相談など)

  • 開設時間・・・平日9時~17時
  • 電話・・・0983-32-0861

宮崎県コロナワクチン副反応コールセンター

ワクチンの安全性・有効性や接種後の副反応に関する相談

  • 開設時間・・・24時間対応(土日祝含む。)
  • 電話・・・0985-26-4609(知ろうワクチン)
  • Fax・・・0985-26-1000
  • メール・・・fukuhannocall-miyazaki@miyayaku.or.jp

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

その他ワクチンに関する疑問や不安な点に関する相談

  • 開設時間・・・9時~21時(土日祝含む。)
  • 電話・・・0120-761-770
    (聴覚に障害のある方は)
  • Fax・・・03-3581-6251
  • メール・・・corona-2020@mhlw.go.jp

ホームぺージリンク

予防接種健康被害救済制度

予防接種による健康被害(医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりすること)が生じた場合に備え、予防接種法に基づく救済制度(医療費・障害年金等の給付)が設けられています。新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。詳細は厚生労働省のホームページをご確認ください。
厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度」<外部リンク>

川南町コロナワクチン接種実施計画(追加接種)

川南町コロナワクチン接種実施計画(追加接種) [Wordファイル/49KB]