ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険税の税率について(令和3年度)

本文

国民健康保険税の税率について(令和3年度)

記事ID:0001239 更新日:2021年6月25日更新 印刷ページ表示

 

 

 

 

  川南町の令和2年度国民健康保険税率については、下表のとおりです。

令和3年度川南町国民健康保険税の税率について

  税率等は、次の表のとおりです。

  なお、表中「医療保険分」を「医療分」、「後期高齢者支援金分」を「支援分」、「介護保険分」を「介護分」と、それぞれ省略し表記しています。

税率及び限度額表

区分 医療分 支援分 介護分
所得割

 6.55%

(6.37%)

 2.34%

(2.19%)

 2.05%

(1.84%)

均等割

 32,000円

(30,500円)

 11,500円

(10,200円)

 14,600円

(11,400円)

平等割

【廃止】

(廃止)

【廃止】

(廃止)

【廃止】

(廃止)

限度額

 630,000円

(630,000円)

 190,000円

(190,000円)

 170,000円

(170,000円)

※ 下段(        ) 内は、前年度です。

税額の軽減措置(所得額による)について 

「世帯主及びその世帯の国民健康保険被保険者の前年の合計所得金額」が、次の表に該当する世帯は、軽減措置が適用されます。

軽減の種類 軽減基準
7割軽減 43万円+10万円×(給与所得者等の数-1)以下
5割軽減 43万円+(28万5千円×被保険者)+10万円×(給与所得者等の数-1)以下
2割軽減 43万円+(52万円×被保険者)+10万円×(給与所得者等の数-1)以下

●被保険者の数には、旧被保険者(国民健康保険から後期高齢者医療制度への移行者)の人数も含めます。擬制世帯主は含みません。

●給与所得者等とは、給与収入が55万円を超える者の数と給与所得者を除く公的年金の支給を受ける者です(65歳未満:公的年金等の収入が60万円を超える方、65歳以上:公的年金等の収入が110万円を超える方。)。公的年金等に係る特別控除(15万円)後は、110万円を125万円となるように読み替えます。

●(給与所得者等の数-1)が0未満になる場合は、0とします。

軽減後の税率 

軽減適用後の税率(均等割及び平等割の額)は、次の表のとおりです。 

区分 医療分 支援分 介護分
7割軽減 均等割

 9,600円

(9,150円)

 3,450円

(3,060円)

 4,380円

(3,424円)

平等割

【廃止】

(廃止)

【廃止】

(廃止)

【廃止】

(廃止)

5割軽減 均等割

 16,000円

(15,250円)

 5,750円

(5,100円)

 7,300円

(5,700円)

平等割

【廃止】

(廃止)

【廃止】

(廃止)

【廃止】

(廃止)

2割軽減 均等割

 25,600円

(24,400円)

 9,200円

(8,160円)

11,680円

(9,120円)

平等割

【廃止】

(廃止)

【廃止】

(廃止)

【廃止】

(廃止)

※ 下段(        ) 内は、前年度です。

国民健康保険税額の算出方法について

医療分、支援分、介護分とは

 国民健康保険税額 = 医療保険分  後期高齢者支援金分  介護保険分

【医療保険分】とは

  国民健康保険の費用にあてるための国民健康保険税です。

【後期高齢者支援金分】 とは

  後期高齢者医療制度を支援するための国民健康保険税です。

  なお、後期高齢者医療制度とは、75歳以上(一定の障害がある場合は65歳以上)の高齢者を対象とした医療制度で、「高齢者の医療の確保に関する法律」(昭和57年法律第80号)に基づくものです。

【介護保険分】とは

  介護保険の費用にあてるための国民健康保険税で、40歳から64歳までの方が対象となります。(介護給付費にあてるための介護納付金も、国民健康保険税で合わせて納入することになります。)

所得割、資産割、均等割、平等割とは

  医療保険分、後期高齢者支援金分及び介護保険分の金額は、それぞれ所得割、資産割、均等割及び平等割の税率を基に計算し、その合計金額(それぞれ上限は限度額)となります。

 所得割

  前年中の所得(収入から必要経費を差し引いたもの)に一定の率をかけて課されるものです。

 均等割

  国民健康保険加入者1人あたりに課されるものです。

 平等割

  国民健康保険加入1世帯あたりに課されるものです。

※川南町においては、平成30年度から廃止しました。

 資産割

  この年度の固定資産税額に一定の率をかけて課されるものです。

 ※川南町においては、平成29年度から廃止しました。

軽減及び減免制度について

  国民健康保険税の軽減及び減免制度については、次のリンクをご確認ください。

 国民健康保険税の軽減及び減免制度について

  詳しくは、税務課課税係へお尋ねください。