ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

パソコンの捨て方について

記事ID:0001395 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

パソコンの捨て方

 家庭で不用となったパソコン(パソコンディスプレイを含む)を処分する場合は、「宅配便による回収を利用する」または「パソコンメーカーに回収を依頼」してください。
 町では回収していませんので、ご注意ください。

1 宅配便による無料回収

 町の連携。協力事業者であるリネットジャパンリサイクル株式会社が、宅配便による回収を行っています。回収品目にパソコン本体が含まれている場合、1箱分の回収料金が無料となります。プリンターなどの周辺機器も一緒に回収できます(無料となる箱のサイズと重量の上限は、3辺合計140cm以内、重量20kg以下です。)。
 個人情報のデータ消去サービスもあります。
 回収方法、回収対象品目等の詳細は、リネットジャパンリサイクル株式会社のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

申込みから引渡業者までのフロー

申し込み方法

 インターネットまたはファックスでお申し込みください。
 宅配業者が、ご希望の日時に回収に伺います。

1 インターネットによる申し込み

 申し込み先はリネットジャパンリサイクル株式会社になります。
 下記申し込みファームからお申し込みください。
 申し込みフォーム<外部リンク>

2 ファックスによる申し込み

 専用申請書に必要事項をご記入のうえ、リネットジャパンリサイクル株式会社にご送付ください。
 専用申込書 [PDFファイル/303KB]
 専用申込書 ※記入例 [PDFファイル/321KB] 
 ファックス申込案内 [PDFファイル/363KB]

 

2 パソコンメーカーによる回収

申し込み方法

 家庭で不用になったパソコン(パソコンディスプレイを含みます)は、「資源有効利用促進法(資源の有効な利用の促進に関する法律)」に基づいてメーカーが回収し、資源として再利用されます。

リサイクルマークがついている場合

 メーカーにお申し込みしますと、「エコゆうパック伝票」が送られてきます。パソコンを包装し、最寄りの郵便局へ集荷を依頼するか直接持ち込んでください。

リサイクルマークがついていない場合

 上記の流れと同じです。ただし、「回収再資源化料金」を負担しなければなりません。
 ※キーボードやマウスなどの標準添付品も回収できますので排出するパソコンと同じ梱包箱へ入れてください。マニュアル、フロッピーディスク等は回収対象となりませんのでご注意ください。
 ※プリンタ等の周辺機器、ワープロ専用機は対象となりません。

 詳しくは パソコン3R推進協会<外部リンク> をご参照ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)